12月は”冬のごちそう”

桃草舎では、毎年12月は「冬のごちそう」と題して、ちょっと特別なメニューをお出ししています。

今年はシーフードのビリヤニと、カリフラワーの丸焼きなどなどいつもより豪華なメニューでおまちしています。

■料金 6,800円

■開催場所 mumokiteki goods&wears 京都店2F(京都四条寺町)

——- 12月のスケジュール  ——–

12月
3(火),13(金),15(日),16(月),17(火),22(日),23(月),27(金),28(土)
12:00~16:00
(終了時間は押す可能性があります。)

※現在すべて満席にて、
キャンセル待ち受付中です。

2020年1月はお休み

桃草舎のアトリエが決まりました!
京都嵐山に、現在改装中にて、1月のレッスンはお休み。
2月はmumokutekiでのリバイバルレッスンを予定しています。

アトリエ後の3月~4月からは下記のコースを開講予定です。

2020年からはこの3つのコースを軸に、素敵な講師さんを他社よりお迎えしたり、より一層皆さんの楽しめる場所を作っていきたいと思っています。

詳しい日程などについては現在詳細を作成中ですので、決まり次第こちらのWebsite、各SNSに公表いたします。

 

South Indian Veg Meals
ベーシックコース 第二期
南インド、タミルナードゥ州のミールス(お昼の定食)に特化したコース。
お料理だけではなく、その背景にある歴史文化や精神的な部分まで触れていきます。
第2期からは6回コースとなり、さらに充実。

アーユルヴェーディック・ベジミールス・ベーシックコース
アーユルヴェーダの成り立ちや哲学、オイルやハーブ、スパイスを使った実習と、
アーユルヴェーディックな食事の作り方まで網羅したコース。日常にアーユルヴェーダを活かしたい方にお勧めのコース。

5つのスパイスで作るおうちカフェコース
インド料理の基本の基本を知りたい方にお勧め。桃草舎のレッスンを受けて難しいと感じた方や、もっと手軽におうちでスパイス料理を再現したい方、時間がない方にお勧めのコース。

日本ではあまり知られていない南インド料理の魅力

日本でインド料理と言えば、分厚いナンにスパイシーでクリーミーなリッチなカレー!
でも実はそれって元々ごく一部の北インドの人が食べていた料理だって知ってましたか?
リッチな味は万人に受け入れやすかったのと、インド北部のシーク教の人々が世界中に住む場所を求めたことでインド人といえばターバン!料理はナン!みたいなイメージが広がったのでしょうね。

意外にも多くの地域のインド人はナンを食べる習慣は無く、広大なインドでは、地域・宗教・カーストによって食べられるものは多種多様。
カレーとナンだけではないインド料理の奥深さ、美味しさをもっと知ってほしい!という想いで南インド料理教室を行っています。

日本にあるインド料理店のほとんどは北インド料理なのですが、南インド料理は米が主食で日本人である私たちにもとても受け入れやすいんです。

インドの伝承医学アーユルヴェーダでは味は6味あり、それがすべてそろった食事がバランスがよいとされています。
ご飯のまわりにいろんな味のお惣菜やカレーを並べて、その6味を手で混ぜて食べる喜びと言ったら!!

スパイス初めて!な方向けの、スパイスを5つだけ使ったいろんなスパイス料理を紹介するコースもあります。
こちらは南インド料理だけではなく幅広いスパイス料理をご紹介しています。

皆さんの食卓をスパイスで、楽しく彩れますように!